腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

背骨の骨を椎骨(ついこつ)と呼びます。

椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしているのが軟骨の椎間板(ついかんばん)です。

 

この椎間板が衰えてつぶれ、中心部にある髄核(ずいかく)というゼリー状の物質が飛び出すことをヘルニアといます。

腰の骨=腰椎(ようつい)で飛びだした髄核は、神経を圧迫して腰痛や坐骨神経痛を引き起こします。

 

腰にヘルニアが出れば腰椎椎間板ヘルニアで、首にヘルニアが出れば頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアと呼ばれます。

 

ヘルニアの特徴

同じ背骨の中で神経が圧迫される病気でも、脊柱管狭窄症が高齢者に多く発症するのと比べ、ヘルニアは比較的若い世代に発症します。

腰やお尻の痛み、脚のシビレ等は片側に出ることが多く、重症であれば両側に出る事もあります。

 

 

典型的症状

  • お尻から膝裏、つま先までしびれるような鈍痛
  • 歩くのがつらい
  • 階段の上り下りがつらい
  • 寝返りもうてない

ヘルニアの腰痛、脚のシビレがなくなりました

お客様写真
アンケート用紙

Q1.施術前はどのような状態でしたか?もしくは、どのような症状がありましたか?

A1.ひどい腰痛で、左足全体がビリビリとシビれ、歩くのも、寝るのもツラい状態でした。

 

Q2.施術開始前はどのような期待もしくは不安がありましたか?

A2.こちらに来る前に整形外科に行きましたが、チョッと診察しただけで痛み止めの飲み薬と湿布を出されて終わりで痛みがとれなかった為、時間がかかっても根本的に治したいと思い、こちらに通うことにしました。

 

Q3.施術終了後、どのような状態になりましたか?

A3.短時間で痛みが消えてとても楽になりました。
初めてから数回は、痛みが続いていて

「治るのだろうか?」

と不安がありましたが、先生が色々と回復に向けて見てくださり、ヘルニアの施術などにより、今では全く腰痛は無くなりました。

 

Q4.その他、ご意見、ご感想などをお書き下さい。

A4.体に疲労が溜まると腰痛の再発につながり易くなると思い、毎月1回、体のメンテナンスの為に通っています。
何かしら体に痛みを感じている人は、ぜひオススメしたいと思います。

40歳 男性 自営業 高尾様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ご存知ですか?

椎間板ヘルニアの施術<3つの改善ポイント >

1.筋肉をゆるめる

痛みの出ている個所の筋肉をゆるめることで、ヘルニアによる神経の圧迫が弱まります。

腰まわりだけではなく、お腹の深層筋をゆるめると、血液の循環も良くなり痛みの改善につながります。

 

2.身体の歪みを解消

骨盤と背骨の歪みをとります。

そうすることで、腰にかかる重力のバランスが正常化するので椎間板への負担が減ります。

 

3.自己療法と生活習慣の改善を指導

身体の歪みをとったり、腰の筋肉をゆるめる自己療法や、生活習慣の改善に関する指導を行います。

整体院 熊さん

〒061-3208北海道石狩市花川南8条3丁目371-3