RSS 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症が良くなっていたのに…

2017年8月29日

脊柱管狭窄症すべり症腰の痛み、脚のシビレを訴えておられた70代の女性の方。
前回の来院時には「施術後、痛みのない状態が続いた」と喜んで下さいました。
ところが、今日の来院時には「また痛みが…」とつらそうなご様子。
お話を聞くと、今朝、ミサイル発射のJアラートが鳴って驚いた息子さんに急に起こされたそうです。
いつもなら、起きる前に当院が指導した自己療法を布団の中で行った後に、ゆっくり起き上がれば痛みが出なくなっていたのに。
それをせずに急に起き上がったので筋肉に緊張が入ったようです。
それもこれも悪いのは北〇鮮のせい。
施術後は痛みも取れてお帰りいただきましたが、本当に人騒がせな出来事でした。

脊柱管狭窄症のTさん

2017年8月1日

開院して1ヶ月ちょっとが経ちました。
ありがたいことに「腰痛専門」のキャッチコピーを使用したチラシをご覧になって来院される方も多くなってきました。
さて、本日6回目の来院となった70代女性のTさん。
病院で脊柱管狭窄症とすべり症と診断され、最初は一人で歩くのも辛そうでしたが、今朝は布団から楽に起き上がることが出来たと喜んでおられました。
今までは、タンスの引き出しを開けて、それにつかまって立ち上がっていたそうです。
さらに、最近では痛み止めの薬を飲むことも少なくなってきたとのこと。
最初のうちは「本当に良くなるんだろうか」と半信半疑だったそうですが、今日の施術後は今までで一番の笑顔でお帰りになりました(というか、今までは息子さんの運転する車で来院されていたのが、今日は自転車に乗ってお一人で来られました!)。
発症したときの状況は、ゴルフのクラブを振った瞬間に「バキバキ!」っと音がして、へたりこむように倒れたとのことだったので、正直「これは長くかかるかな?」と思っていたのですが、驚異的な回復ぶりです。
ご本人の希望は、「今年は無理でも来年はゴルフに復帰したい」そうなので、しっかりサポートしていきたいと思います。